新着情報 WHAT'S NEW

2020年07月の一覧

まず始めに、今回の豪雨災害で命を落とされた方のご冥福をお祈りします。また、被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げますとともに一日も早い復興を心からお祈りいたします。

現在必死に復興、復旧に励んでいらっしゃる方々と共に岩田建設も復興、復旧に尽力を致します。

 

 

7月26日に豪雨災害のボランティアに参加してきました。
以前より数人での参加はあったのですが、今回弊社から18名参加させていただきました。
ボランティアに初めて参加する社員もいましたが、全員が仕事と同じ姿勢、表情で臨んでいました。

 

今回のボランティア場所は人吉にある「大和一酒造元」さんです。

 

外観写真

 

被害から数日経ち、少し片付いているという話でしたが、状況は想像以上のものでした。

作業内容は、店内の解体及び瓦礫・木屑の撤去、被害にあった酒瓶の洗浄などです。
社員が役割を分担して、他のボランティア参加者様と協力して行いました。

 

解体_初期1トリミング
解体_初期3
解体_初期4
解体_中期1
解体_中期2
解体_後期2
がれき片付け1
がれき片付け2
トラック積み込み

 
酒蔵の中にはなんと温泉が湧いていました。瓶はまずこの温泉水で泥やラベルを落とし、最後にたっぷりの地下水できれいに洗い流します。

 

瓶洗い1
瓶洗い2

 

 

 
一番に感じたのは、被害にあわれた方が明るく前を向いていたということです。
想像を絶する悲しみや苦しみを乗り越えていくパワーを感じました。
想像もしていませんでしたが、ボランティアに参加した私たち社員がパワーをもらえました。そのパワーを日々、還元しなければいけないと強く感じました。

 
大和一酒造元_社長挨拶トリミング
小野君挨拶トリミング

 

今回のような災害はあってはならないと思いますが、ボランティアでの経験はこれからの岩田建設にとって大きな財産になると思います。
社員一人一人が自発的にボランティアに参加し、全員が復興・復旧という同じベクトルを向けて行動できたことに岩田建設の成長を感じました。

 
集合写真_大和一酒造元社長も一緒にトリミング

 
これからも微力ではありますが、復興・復旧に貢献していきます。

 

 
<大和一酒造元さんホームページ>

トップページ


製造再開までにはしばらく時間がかかるそうですが、無事だった在庫を少しずつ販売していかれるとのことです。

7月7日、建設業協会宇城支部にて毎年恒例の献血が開催され、弊社からは若手社員を中心に3名参加させて頂きました。

 

遠藤君1トリミング
 
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、例年より献血する方が少なくなっているそうですが、しっかりと対策をされていて、安心して献血をすることができました。
 
毎日たくさんの方が血液を必要とされています。
少しでも力になれるようこれからも継続していきます。
 
<参考>
日本赤十字社 熊本赤十字血液センター
https://www.bs.jrc.or.jp/bc9/kumamoto/index.html