新着情報 WHAT'S NEW

地域貢献活動の一覧

励徳小学校の卒業生有志の方が、母校の為にミュージックビデオを作成しようとクラウドファンディングを行っていらっしゃいます。

 

美里町立励徳小学校は、弊社のすぐ近くにあり、弊社代表や多数の従業員の母校でもあります。

自然に囲まれた、全校児童40名の小さな小学校です。

今回のクラウドファンディングはそんな励徳小学校を応援しようと企画されたものです。

 

岩田建設は以前お世話になった太鼓芸能集団「紬衣」の高田大介さんとの縁もあり、応援させていただくことになりました。

 

募集終了まであとわずかです。気になる方は以下のリンクから詳細をご確認頂けます。

皆さんぜひ応援お願いします

 
励徳小学校でミュージックビデオを作ろう!(CAMPFIRE)
 

本日、美里の森キャンプ場ガーデンプレイスがリニューアルオープンしました。
 

 
広大な自然のなかで眺める星空、ダム湖の美しい朝霧
隣接するフォレストアドベンチャー美里で、大人も子どももみんな一緒にハラハラドキドキ
ゆったりリラックス佐俣の湯で心も体も癒される

 
爽やかな風に吹かれながら、湖畔でのアウトドア
みんなが夢中になれる森で思いっきり楽しんでみませんか。
 
美里町でお待ちしております!

 

美里の森キャンプ場 ガーデンプレイスHP

令和3年4月1日より、美里の森キャンプ場ガーデンプレイスの指定管理をさせていただくことになりました。

 

この事業は弊社の企業理念の一つである「自然と人との共生」を実現するものであり、地域の活性化による社会貢献にも大きく寄与するものです。

 

地域を盛り上げるべく、今まで以上に美里町に足を運んでもらえるよう社員一丸となりチャレンジしていきます。

 
美里の森キャンプ場 ロゴ

 
美里の森キャンプ場 ガーデンプレイス HP

本日午後、美里町立中央中学校で、第2学年生に向けた立志式が執り行われました。

 
全体写真1
 

将来の自分と向き合う立志式。
 
そこで弊社代表の岩田に講演の依頼がありました。
 
「目標達成のコツ」をテーマに
〜人生の舵は自分で持つ〜
夢に期日を決め目標にすること
自分自身を認め行動すること
約束を守り信頼と自信を得ること
あなたの幸福を願ってくれる人達を尊敬し感謝すること
 
この様な内容で話す岩田の熱意に対し、生徒たちは真剣に聴いてくれました。
 
近い将来、この生徒たちが夢を叶え社会で活躍してくれると嬉しいなと思いました。
 
アップ
 
岩田建設は社会の先輩として夢ある若人を応援し続けます。

この度、岩田建設は経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定されました。

 

地域未来牽引企業_縦組みlogo_S_rgb

 

「地域未来牽引企業」とは地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開されること、または、今後取り組まれることが期待される企業を選定する制度です。
熊本県では2020年度は19社が選定されています。

 

この期待に応え、これからも地域のさらなる活性化に貢献できるよう努力してまいります。

 

経済産業省「地域未来牽引企業」の詳細はこちらから
https://www.meti.go.jp/policy/sme_chiiki/chiiki_kenin_kigyou/index.html

先日、ボランティアに参加させて頂いた人吉の大和一酒造元さんが、豪雨災害からの復興のためクラウドファンディングを行っていらっしゃいます。

 

弊社もボランティアでお会いした縁もあり、支援させて頂きました。
今回の豪雨災害で流出を逃れたお酒もあるとのことです。
気になる方はホームページから詳細をご確認頂けます。

 

<大和一酒造元さんホームページ>
https://www.yamato1.com/

まず始めに、今回の豪雨災害で命を落とされた方のご冥福をお祈りします。また、被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げますとともに一日も早い復興を心からお祈りいたします。

現在必死に復興、復旧に励んでいらっしゃる方々と共に岩田建設も復興、復旧に尽力を致します。

 

 

7月26日に豪雨災害のボランティアに参加してきました。
以前より数人での参加はあったのですが、今回弊社から18名参加させていただきました。
ボランティアに初めて参加する社員もいましたが、全員が仕事と同じ姿勢、表情で臨んでいました。

 

今回のボランティア場所は人吉にある「大和一酒造元」さんです。

 

外観写真

 

被害から数日経ち、少し片付いているという話でしたが、状況は想像以上のものでした。

作業内容は、店内の解体及び瓦礫・木屑の撤去、被害にあった酒瓶の洗浄などです。
社員が役割を分担して、他のボランティア参加者様と協力して行いました。

 

解体_初期1トリミング
解体_初期3
解体_初期4
解体_中期1
解体_中期2
解体_後期2
がれき片付け1
がれき片付け2
トラック積み込み

 
酒蔵の中にはなんと温泉が湧いていました。瓶はまずこの温泉水で泥やラベルを落とし、最後にたっぷりの地下水できれいに洗い流します。

 

瓶洗い1
瓶洗い2

 

 

 
一番に感じたのは、被害にあわれた方が明るく前を向いていたということです。
想像を絶する悲しみや苦しみを乗り越えていくパワーを感じました。
想像もしていませんでしたが、ボランティアに参加した私たち社員がパワーをもらえました。そのパワーを日々、還元しなければいけないと強く感じました。

 
大和一酒造元_社長挨拶トリミング
小野君挨拶トリミング

 

今回のような災害はあってはならないと思いますが、ボランティアでの経験はこれからの岩田建設にとって大きな財産になると思います。
社員一人一人が自発的にボランティアに参加し、全員が復興・復旧という同じベクトルを向けて行動できたことに岩田建設の成長を感じました。

 
集合写真_大和一酒造元社長も一緒にトリミング

 
これからも微力ではありますが、復興・復旧に貢献していきます。

 

 
<大和一酒造元さんホームページ>
https://www.yamato1.com/
製造再開までにはしばらく時間がかかるそうですが、無事だった在庫を少しずつ販売していかれるとのことです。

7月7日、建設業協会宇城支部にて毎年恒例の献血が開催され、弊社からは若手社員を中心に3名参加させて頂きました。

 

遠藤君1トリミング
 
今年は新型コロナウイルスの影響もあり、例年より献血する方が少なくなっているそうですが、しっかりと対策をされていて、安心して献血をすることができました。
 
毎日たくさんの方が血液を必要とされています。
少しでも力になれるようこれからも継続していきます。
 
<参考>
日本赤十字社 熊本赤十字血液センター
https://www.bs.jrc.or.jp/bc9/kumamoto/index.html

4月16日、新型コロナウイルスの感染拡大に際し厳しい状況が続くなか、美里町社会福祉協議会へ感染防止等に役立てて頂こうという思いでマスクを寄贈させていただきました。

建設新聞

日本に感染拡大が広がり始めた直後から、社員は元より社員の家族の皆さんにもマスクを配布しておりました。

地元、美里町でも深刻なマスク不足が続いているという地域の窮状を聞き、熊本地震やインフルエンザ流行で業務に支障が出た経験から、かねてより備蓄していたマスクの贈呈に至りました。

熊日

 

 

お礼状_なごみの里

 

6月15・16日に白龍走がレッドブル主催の元、開催されました。
まず”白龍走”とは?についてお答えしましょう。
熊本県下益城郡美里町にある日本一の石段その数なんと3333段!!!
熊本の方は聞いたこと、登られたことがあるかと思います。
その日本一の石段【3333段】を一気に駆け上がるタイムレースです。
石段を上空から見ると、白龍がうねり昇る姿のように見えたため、記念碑には
「白龍が昇るが如し石段は3333段で日本一」と刻まれています。
そのことを由来に白龍走と言うそうです。
この大会は北海道から沖縄まで全国各地から多くの参加者が集まる人気のレースであり、
エキスパート部門で優勝すると褒賞として名前が、

 

ゴール地点にある記念碑にタイムと一緒に刻まれます。

IMG_0245 IMG_0241 IMG_0337

 

この白龍走が開催されるのも今回で5回目。
私たちの本社があるのも美里町です。

 

今回は、私たちもこの白龍走のスポンサーとして参加させて頂きました。
当日は参加ランナーさん達との交流や

微力ではありますがイベントのサポートをさせて頂きました。

20190616_110732 20190616_095158 IMG_18241

 

15・16日に行われた白龍走ですが
15日には学生限定チーム戦、

16日には個人戦が一般とエキスパートとに分けて行われました。
会場の雰囲気もすごく盛り上がっており、

美里町を盛り上げるため岩田建設のメンバーも来年は参加します。

line_81523768354777 line_815272556606611

 

しかし、3333段を一気に駆け上がるのは相当過酷なことだと思います。
距離は数字で見れば3333mとなっていますが、簡単に登れるものではないでしょう。
登りきったランナーさんの顔はこれ以上ないくらい

自分を追い込んだような顔をされていました。

20190616_1227531 20190616_1229171 20190616_123733

 

ただ、その後は登りきった達成感と他のランナーさん達と喜ぶ顔や応援する姿が

とても印象的で心を打たれました。

IMG_0456  IMG_0441

 

IMG_0473  IMG_0500

 

次回はイベントのサポートだけでなく、

参加者としてもイベント・美里町を盛り上げていきたいと考えています。

来年は今回参加された方もそうでない方も一緒に日本一の石段を駆け登りましょう。
これからも私たち岩田建設は石段を駆け登るように必死に成長していきます。
今回イベントに際してご協力いただいた方々、この場をお借りして感謝申し上げます。