新着情報 WHAT'S NEW

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、心より御礼申し上げます。

 

昨年を振り返りますと、社会情勢が継続して変化していく中でも、時流をつかみ変化に強い会社作りを目指すため、組織や仕組みの変革に継続して取り組んだ1年間でした。

 

昨年に引き続き、工事評定平均点上昇や国交省工事の受注など、目標をしっかりと達成し、熊本県若手優良技術者表彰を二名同時に受賞する快挙にもつながりました。

 

また、ヒラモリ建築工房が7月よりグループ参入し、いよいよ建築部門への事業拡大の第一歩を踏み出しました。

 

2024年は業界的にもさらに厳しい状況へ変化していくことが見込まれます。

その中でも、時代の変化に強い会社作りを継続し、変革させたものをしっかりと根付かせ、強固な基盤を作ることで、大きく目標達成していくため1年として勝負して参ります。

 

皆様お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

 
 

岩田建設株式会社
代表取締役 岩田 龍裕

 

S__68018200

 

default

 

12月21日(水)、熊本県土木部長より熊本県若手建設技術者表彰をいただきました。
今年はなんと、二つの工事で同時に表彰される快挙となりました。

 

受賞したのは、今年3月に竣工を迎えた国道445号活力創出基盤交付金(改築)道路改良工事 他合併と昨年9月に竣工を迎えた三本松甲佐線活力創出基盤交付金(改築)舗装工事です。
どちらも地域の皆様の生活を守るための工事であり、弊社の若手建設技術者が2名同時に表彰されたことを大変光栄に思います。

 

表彰(二名)

 

表彰式では、土木部長よりお祝いの言葉と今後の建設業の発展のため、更なる技術力の向上に努めてほしいと力強いお言葉を頂きました。
本工事で携わっていただいた皆様への感謝の意を表し、更なる技術力の向上のために精進することを誓いました。

表彰(小野)

 

表彰(宮田)

 

今回、受賞した技術者は両名とも弊社に入社してから土木の技術を学び始めました。

弊社では未経験者でもしっかりと現場を管理する能力を身に着けるための教育を行っております。

その成果の一つとしても今回の受賞は今後の育成により一層力を入れさせていただく大変励みになるものでございました。

日頃より弊社の工事にご尽力いただいている全ての方々、地域の方々のご協力に改めて感謝申し上げます。

 

近年、日本各地で異常気象や自然災害による被害が多発しています。

災害の被害を最小限に食い止められるような強い構造物を作ること、災害が起きた際に1日でも早い復興に尽力することが私たち建設業の使命であると再認識し、これからも慢心することなく技術力の向上に精進して参ります。

11月25日に初めての試みとなる熊本ヴォルターズの観戦イベントを行いました。
 
ヴォルターズイベント④

 

ヴォルターズイベント⑥
 
地元に根付き、バスケットを通して熊本を盛り上げているヴォルターズと、より一層の地域貢献を目指していく弊社の理念と通ずるところがあり、応援イベントを企画いたしました。
 
ヴォルターズイベント⑤

 

ヴォルターズイベント③
 
初めての試みでしたが、幹部社員、若手、ベテラン、中堅と多くの職員が参加し、大変盛り上がるイベントとなりました。
 
岩田建設ではこのような社内イベントを多数実施しております。
イベントでは若手ベテラン関係なくコミュニケーションが取れており、この人間関係の良さが業務でも活かされております。
 
ヴォルターズイベント②

 

ヴォルターズイベント①
 
残念ながらこの日の試合は負けてしまいましたが、地元熊本を盛り上げていく志を持つものとして、これからも応援させていただきます!

10月21日(土)新年度スタートに伴うキックオフミーティングを1日かけて行いました。
この日の大きなテーマは『目指す』です。

 

午前中は社長に登壇いただき、研修を行いました。
研修の目的は、大きな変革を迎える岩田建設が今一度【企業理念】とはなにか理解し実践する礎を築くことです。

 
DSC_0002
 

内容の濃い研修に頭を抱える社員もいましたが、多くの気付きと学びを得た時間となりました。
その中でも一番大切なことは、岩田建設はふるさと熊本の皆様に育てていただき、支援していただき今があるということです。
だからこそ、地域に根付き最も信頼され愛される企業になることが私たちの創業理念でもあるのです。
 
その上で、岩田建設が描くビジョンについて社内で共通認識を持ち、その未来から逆算した行動計画まで落とし込む時間を作りました。

 
DSC_0005
 

お昼からはキックオフミーティングです。
各グループの昨年度実績と今年度の目標の共有を行い、更なる成長を誓いました。
 
更に前年度掲げた会社としての目標・個人の目標を振り返り、達成できたものと未達に終わったものを全員で共有しました。
達成した項目にはリボンを貼り付けて個人と会社両方の成長を実感。未達に終わったものは原因追求と更なる行動計画を立てました。来年はリボンの数が増えることを期待しています。
 
DSC_0101
 
DSC_0114
 
それを踏まえてのワールドカフェです。
お題は『令和5年度企業理念を体現するためには?』です。
今年度から岩田建設は工務1課・技術指導課・総務課の3課体制になりました。
課やグループごとに分かれ、ビジョン達成に向けた各々の役割を考えながら意見を出し合いました。
 
DSC_0154
 
DSC_0165
 
同じベクトルを向き心機一転、新年度を走り出すことができました。
毎日の成果に執着して、今日の自分より明日の自分を成長させるために個々人の努力にも期待しています。
岩田建設は熊本一の技術者集団、熊本県建設業界No.1、3K維新を『目指す』ことで地域・業界や縁ある方々全ての幸せの実現に向けて突き進みます。
岩田建設をこれからも宜しくお願い致します。
 
DSC_0190
 

8月5日、6日の二日間で、研修旅行に行ってきました!
今回の研修旅行の目的はともに働く仲間との絆をより一層深めることです。

 

バスを貸し切り、門司港を通って山口の下関へ向かい、萩で一泊して観光しながら帰ってくるルートです。
1日目は門司港レトロを観光し、初代総理大臣・伊藤博文も訪れたという春帆楼で昼食を取りました。

 
門司港レトロ
 
門司港
 

春帆楼 全体写真.1
 
その後、しものせき水族館「海響館」、下関カモンワーフ、唐戸市場を自由散策しました。
海響館では環境問題をテーマとしたイルカショーがあり、最前列で観覧している社員もいました。

 
その後、萩のホテルへ。
夕食前にはホテルの温泉を堪能しました。
宴会ではお酒を酌み交わしながら普段話すことの少ない社員同士が楽しそうに話す姿が印象的でした。一期生がベテラン社員からのお話を真剣に聞いている姿もうかがえました。

 

2日目は松陰神社、松下村塾をめぐり、東光寺へ参拝。そして、萩焼会館で工芸品を鑑賞し、昼食を取った後に帰路につきました。

 
松陰神社

 
東光寺
 
初めて参加した一期生も、この研修旅行で先輩社員から多くのことを学べた良い機会となったようです。また、沢山の先輩社員に「一緒に頑張ろうね」という言葉をかけてもらったことで、さらに向上心をもって取り組みたいという声もあがりました。

 

これまで会社を存続・成長させてきたベテラン社員。

会社を支え、社員が生き生きと働ける環境をつくっている社員。

戦略を立て仕事を獲得し、責任をもって工事を完了させている社員。

そして、エネルギッシュに会社の成長を後押しする若手社員。

社員全員がそれぞれの役割をしっかりと果たしているおかげで現在の岩田建設があります。

今年で51周年を迎える岩田建設ですが、これからも感謝と尊敬を忘れることなく、かけがえのない仲間たちと共にビジョンへ向けて駆け上がっていきます!

6月18日にリクナビ合同企業説明会に参加しました。
出展企業35社に対して、来場者はおよそ620人とのことでした。

 
IMG_6199
 

私たち岩田建設のブースで説明を聞いていただいた80人もの学生さん、本当にありがとうございました!
12時からスタートして5時間、全力で建設業の魅力を伝えさせていただきました。
学生さんから「熱量が伝わってきた」との反響もいただき、大変嬉しく思っております。

 
IMG_6203
 
IMG_6204
 
今後の採用イベントも続々開催する予定です。
イベントでは、建設業の魅力、そして岩田建設の魅力を存分にお伝えします。
開催決定次第ホームページで掲載しますので、ぜひチェックしてください!

2月から始まった24卒採用も6月に最終選考会と内定式を迎えました!
約4か月間、合同説明会や選考会を共に過ごしてきた学生たちを仲間に迎え入れることをとても嬉しく思います。

 

私たち岩田建設が大切にしている価値観や理念に共感し、一緒に3K維新の達成を目指す仲間を見つけることが新卒採用の目的です。
選考会では、岩田建設の理念と学生の根底にある思いがマッチングしているのかどうかを徹底的に確認しました。
 
今回最終選考会まで進んだ学生からは、岩田建設のビジョンを一緒に目指していこうという思いが伝わりました。
 
5次選考_道達成2トリミング
 
グランドルール_トリミング
 
 

そして最終選考の結果、3名の内定が決まり、内定式が行われました。
4月に入社した5人を含めた先輩社員が見守る中、1人1人が決意を語ってくれました。

 
内定式_発表_トリミング
 
花束_泉_トリミング
 
内定式_内定証書授与_トリミング
 
今回の内定者3名は岩田建設での新卒2期生となります。
1期生5名と一緒にこれからの岩田建設を盛り上げてくれることを期待しています!

 
内定式_集合_トリミング
 
これまで多くの学生さんに弊社の説明会・イベント・選考会に参加していただきました。
皆さんの来年4月からの社会人生活を陰ながら応援しています。
本当にありがとうございました。

6月5日に美里町総合運動公園で美里町GG岩田建設杯が開催されました。
美里町GG岩田建設杯とは、美里町グラウンド・ゴルフ協会が主催するグラウンドゴルフ大会です。
岩田建設は協賛会社として開会式に参加させていただきました。

 
download_file.3
 

新型コロナウイルス感染症によりしばらく開催されなかったグラウンドゴルフ大会が開催され、協賛会社として参加できたことを心より嬉しく思います。

多くの方々が参加してくださり、地域の皆様の元気な姿から私たちも活力をもらいました。
 
download_file.1
 
download_file.5
 
岩田建設がこの大会に協賛したのには理由があります。
それは、地域の皆様に日頃からの感謝を伝えたいという想いです。
 

建設業には3つの役割があります。
暮らしをつくる  人の命を守る  経済を支える
この3つの役割を果たすことが岩田建設での仕事の目的でもあります。
 

地域の皆様には、工事のための通行止めなどで迂回をしていただいたり、工事車両が町道を使用させていただいたりしています。
 

地域の皆様の協力があるからこそ、私たちは建設の仕事に誇りをもって取り組むことができます。
 

岩田建設はこれからも地域を支え、愛される建設会社になるよう、地域での様々な活動を行っていきます。
また、主催していただいた美里町グラウンド・ゴルフ協会の皆様に感謝申し上げます。

今年度も、満開の桜とともに新年度を迎えることができました。これもひとえに、地域の方々や関係機関、関係会社の皆様の温かいご支援とご協力の賜物と、心より感謝申し上げます。

 

4月1日に入社式と50周年記念感謝祭を開催しました。
入社式では岩田建設新卒第一期生である5名の新入社員を迎え、それぞれ力強い決意を表明してくれました。
これからの岩田建設の歴史をつくり、ぜひ新しい風を吹かせてほしいと期待しています。

 
入社式_集合
 
入社式_桜5人1
 
入社式_桜5人オフショット
 
50周年記念感謝祭では「感謝」をテーマに開催しました。
岩田建設の今までの軌跡をたどり、改めて多くの方々に支えられてきたのだと感じました。
年度初めの忙しい時期ということもあり、親族及び社員メインでの開催となりました。
それにも拘らず、岩田建設を日々支え、応援してくださっている多くの方々から祝電やお祝いをいただきました。
この場を借りて、改めて感謝申し上げます。
 
50周年_集合
 
岩田建設ではこれを第2の創業と捉え、これからも10年、50年、100年と続く企業を作り上げていきます!
引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

本日、緑川発電所リニューアル事業完了式典が執り行われました。

50年前に運転を開始した、緑川第一・第二発電所の老朽化が課題となり、安定した電力供給を図る目的でスタートした事業の完成を記念して8社の企業に感謝状が贈呈されました。

 

弊社も緑川第一発電所の工事担当者として参加させていただきました。工事期間は2年間で予算6億円のビックプロジェクトでした。

50年に一度の工事ということもあり、経験者も少なく手探りで始めたプロジェクトも多くの方の協力と努力で完成にたどり着くことができました。

感謝の気持ちと同時に、改めて建設業の果たす役割のスケールの大きさを感じさせられました。

 

携わっていただいた熊本県企業局の方々及び協力会社の方々に、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

 

IMG_2576

 

IMG_2574

 

表

 

感謝状